FXと投資の世界

投資の種類

投資の種類

投資といってもいくつかの種類と方法が存在します。

 

例えば、株式(国内株・外国株)、国債、投資信託、外貨預金、外国為替証拠金取引(FX)などがありますが、投資をやったことがない人にとっては違いがわからないものもあるかもしれません。

 

どの種類の投資も資金を投資先に預け、将来のある時点で投資した資金よりも多くの金額が投資家に戻ってくることを期待するものですが、種類によってそのシステムは大きく違います。

 

例えば国債などは、国や企業が投資家からお金を借りて、時期ごとに利息付きで支払われる、というもので、最終期限が事前に定められているので、その時期が来ると全額返済されます。

 

投資信託は、投資の専門家が一般投資家から資金を募って“ファンド”と呼ばれる基金を作り、株式市場などで運用し利益が出た場合利益が分配される、というものです。

 

投資にはリスクとリターンが裏返に存在していますので、きちんとした知識を身につけなければ、“投資”と思っていても単なる“浪費”になっていることもあるかも知れません。

 

かといって、基本さえ身につければ難しいものではなく、現代では“投資”は普通に生活していくためにも必要なものにもなってきていて、投資を自分や家族の家計計画に組み入れるのは特別なことではなくなってきています。

 

自分の気になる投資方法があれば挑戦してみると、きっと将来自分に良い形のリターンとして戻ってくるでしょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ