FXと投資の世界

資産分散の必要性

資産分散の必要性

日本の国債発行は年々増加しており、近年では「日本の破綻」ということをよく耳にするようになりました。

 

そのような状況で生活している中で、ひとつの銀行あるいは証券会社だけに自分の資産を預けておくことは果たして正しいことなのでしょうか。

 

自分の預けている銀行や証券会社がつぶれないという補償はいまの日本では絶対にないとはいいきれません。

 

そのためにも自分の資産を守る方法として「分散預金」あるいは「分散投資」という方法をとり、資産分散をしておくことをお勧めします。

 

普通預金、外貨預金、投資信託、FXなどと自分の資産をいくつかの商品と会社に分けておけば、仮に一つの会社がつぶれたり、一つの商品の価値が急落したりしても、リスクを最小限でとどめることが出来るようになるのです。

 

最近では、銀行や証券会社などには資産運用のアドバイスをしてくれるのが当たり前になってきていますので、どれにいくらくらいずつ預けるかはみなさんそれぞれが決めることですが、窓口で相談しながら資産運用を考えるのも一つの手ではないでしょうか。


ホーム RSS購読 サイトマップ